So-net無料ブログ作成
検索選択

クロスバイク 初心者 おすすめ 安い [2016年モデル]

クロスバイク初心者のおすすめをご紹介!
ここでは、安いおすすめのショップを紹介するのを
メインにしているわけではありません。
とても良質なクロスバイクだけど、値段がやすいもの
をご紹介したします。
私自身も有名メーカーのクロスバイクが欲しかったのですが、
高くて断念した経験があります。








安い安いと言っても5万円はしますからね。
初心者の方は、自転車で5万円?と思ってしまいますが、
クロスバイクとうたって販売している2万円程度の自転車
は、やはりスピードを出すとハンドルがぶれたり、
細かいパーツがもろかったり、乗り心地が悪く、長時間
乗っているとお尻が非常に痛くなったりします。

やはり安いとは言っても、良いものを選びましょう。
そして街乗りミーハーは、カッコイイものを選びましょう!
紹介するメーカーは以下になります。

・GIANT(ジャイアント)
・Bianchi(ビアンキ)
・LOUIS GARNEAU(ルイガノ)
・GT
・GIOS(ジオス)
・サイクルベースあさひ







■GIANT(ジャイアント)
やはり定番ですよね。どっしりとした感じが良いです。
こんなにカッコよく、そして安いのは他にありません。
基本的に「ジャイアントストア」でないと購入できない
ので、大幅な割引はありません。
Giant_2016.jpg
ジャイアント名代のベストセラー「エスケープ R3」。
28Cタイヤの快速性能とワイドレンジな24段変速で、
自転車通勤から週末サイクリングまで幅広く対応できます。
値段は、税抜きで55,000円です。
ほんと、個人的にはカッコよく、欲しいクロスバイクです。

■Bianchi(ビアンキ)
さすがイタリアのメーカーだけあっておしゃれ感満載です。
女性にもおすすめのクロスバイクです。2人でおそろいで
乗りたいですね。
banch_madwhiteorenge.jpg
「CAMALEONTE 1」です。
価格は税抜きで75,000円とBianchi(ビアンキ)の中では
安価なクロスバイクですが、安い!とは言えませんね。
「MATT WHITE/ORANGE」を選んでみました。
オレンジのラインがお洒落です。
車体重量も10.8kgと軽量です。
やはりある程度高いクロスバイクは軽くて良いですね。
安すぎるものはある程度重いです。
少々ふんぱつ出来るなら、是非欲しいクロスバイクです。
なかなか在庫がなくて手に入りません。





■LOUIS GARNEAU(ルイガノ)
言わずと知れたって感じのイタリアメーカーです。
Bianchi(ビアンキ)も良いのですが、カラーの
バリエーションが豊富なので、お洒落にかつエレガントに
乗るんだったらLOUIS GARNEAU(ルイガノ)がおすすめです。
しかも安いです。
chasse_mattliteblue.jpg
やはり安くておしゃれと言ったら、これしか思い浮かびません。
「LGS-CHASSE」で、価格は税抜58,000円です。
今回は「MATT LITE BLUE」を選びました。
他にホワイトやピンクもおしゃれでカッコ良いですよ。
フレームサイズは370~520mmまで幅広く設定されているので、
女性・男性問わず乗れるクロスバイクです。
LOUIS GARNEAU(ルイガノ)■15 LGS-CHASSE★15 LGS-CHASSE...

LOUIS GARNEAU(ルイガノ)■15 LGS-CHASSE★15 LGS-CHASSE...
価格:52,552円(税込、送料別)

LOUIS GARNEAU(ルイガノ)■15 LGS-CHASSE★15 LGS-CHASSE...

LOUIS GARNEAU(ルイガノ)■15 LGS-CHASSE★15 LGS-CHASSE...
価格:52,552円(税込、送料別)

LOUIS GARNEAU(ルイガノ)■15 LGS-CHASSE★15 LGS-CHASSE...

LOUIS GARNEAU(ルイガノ)■15 LGS-CHASSE★15 LGS-CHASSE...
価格:52,552円(税込、送料別)




■GT
GTバイシクルズ(GT Bicycles)は、マウンテンバイク、
BMX、ロードバイクなどの自転車ブランドです。
もとは1970年代にアメリカ合衆国のカリフォルニア州で設立
されたメーカーで、GTとは創立者ゲーリー・ターナーの
イニシャルでもあります。
9164304_m.png
「トラフィック 3.0」と申します。
サイズもXS(365)、S(416)、M(466)、L(505)、XL(543)と
揃っており、女性にも安心して乗れます。
価格が税抜で54,800円は手頃だと思います。







■GIOS(ジオス)
何度も登場します。「GIOS BLUE」です。
モデル「MISTRAL(ミストラル)」はとてもリーズナブルです。
GIOS_MISTRAL2016.jpg
サイズも400mm、430mm、480mm、520mmとあります。
価格が税抜で54,000円ですからね。
実際はもっと安く手に入ります。



■あさひ(ASAHI)
いままで安くても5万円台のクロスバイクばかりでしたので、
安いという感覚が5万円に設定されてしまいそうですね。
初心者にもおすすめなのがこれです。
asahi20000円台.jpg
なかなか悪くない製品だと思います。
価格が何と言っても驚きの税込29,980円です!
税込ですよ!
安すぎて嫌だなぁと思う人もいるかと思いますが、
「サイクルベースあさひ」と言う自転車専門店であり、
アフターサービスや初期メンテナンスもしっかり
してくれるので安心です。




スポンサーリンク





nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。