So-net無料ブログ作成
検索選択
- | 次の3件

クロスバイク 初心者 おすすめ 2016年モデル [2016年モデル]

2016年モデルも続々出ていますよね。初心者おすすめのクロスバイク
ご紹介いたします。








街乗りするのにカッコイイなぁって思うクロスバイクについて、
私の個人的に好きなメーカーと好きな車種をご紹介いたします。
今回ご紹介するのは以下です。

・GIANT(ジャイアント)
・Bianchi(ビアンキ))
・LOUIS GARNEAU(ルイガノ))
・GIOS(ジオス)

■GIANT(ジャイアント)

言わずと知れた有名メーカーのGIANT。
GIANTのESCAPEシリーズはクロスバイクの超人気定番モデルです。
GIANTのクロスバイクに乗っている方の話では、
日本一周してもスポークが1本も折れず、頑丈な自転車だとのことです。
Giant_2016.jpg
やはり、私個人的にはGIANT(ジャイアント)と言えば、
どうしてもホワイトが欲しい!
「ESCAPE AIR」が良いなぁと思うのですが、ホワイトがない・・・。
と、言う事で「ESCAPE R3」です。
サイズと適応身長は以下の通りです。
430(XS)・・・155cm~170cm
465(S)・・・160cm~175cm
500(M)・・・170cm~185cm
車体重量は、465mmサイズで10.2kgととても軽量です。
価格は税抜きで¥55,000です。

■Bianchi(ビアンキ)

ビアンキといえば、「チェレステカラー」が特徴的です。
女性が乗っているイメージを持つ方もいるかもしれませんが、
本格的な一面がありますよ。
kamereon_2016.jpg
やはりかっこいいですな!「CAMALEONTE 6」です。
価格が税抜きで¥150,000と非常にお高いのですが、
良いものは良い!
美しいですね。分割払いで買いたいです(笑)。
サイズは、480、530、580と3種類あり、車体重量は
480サイズで10.2kgとGIANT(ジャイアント)と同じ軽量です。
ほんと欲しいなぁ・・・。


■LOUIS GARNEAU(ルイガノ)

街中良く見かける非常に人気のあるメーカです。
カラーがきれいで、値段も手頃だからでしょうね。
カラーのバリエーションが豊富なので、自分好みのカラーを
見つけられることでしょう。
ルイガノ_2016pink.png






LOUIS GARNEAU(ルイガノ)と言うと、ミーハーな気持ちで
「CHASSE」を選んでしまうのですが、ここは敢えてTIREUR
(ティラール)を選んでみました。
ホワイトブルーもきれいなのですが、GIANT(ジャイアント)や
Bianchi(ビアンキ)で紹介したカラーとかぶるので、ここは
敢えてピンク!
TIREURとはフランス語で「狙い撃つ」という意味を持っていて、
街乗り、通勤・通学、週末ツーリングなど多様化する様々な
街中でのユーザーのニーズに的を絞って生まれた新モデルです。
価格も税抜きで63,000円とリーズナブルです。
サイズは、以下のように小さいサイズから大きいサイズまで
揃っています。女性ユーザが多いのもこのおかげですね。
370mm(145~160㎝)
420mm(155~170㎝)
470mm(165~180㎝)
520mm(175~190㎝)

重さは、470mmサイズで12.1kgです。


■GIOS(ジオス)

GIOS(ジオス)はイタリアの自転車メーカーで、本拠地は
トリノです。
やはり「GIOS BLUE」ですね。
GIOS(ジオス)は、フレームが細いイメージがあるのですが、
こちらはGIANT(ジャイアント)並みにどっしりしています。
gios_kannta-re_2016.jpg
CANTARE(カンターレ)と申します。
価格は税抜で105,000円と値が張るのですが、やはり良いですね。
サイズは、460(155cm~170cm)、500(168cm~178cm)、
530(175cm~185cm)の3種類ですが、車体重量は9.5kgと非常に
軽量です。


以上、ミーハーな感じでお送りしましたが、街乗りするんだったら
ミーハーな気持ちの方が良いですね。


クロスバイク 初心者 おすすめはこれだ! [初心者]

クロスバイク初心者におすすめのバイクを紹介してみたいと思います。








皆さんはクロスバイクをどのような用途で乗りますか?
最近では通勤に颯爽と走っている男性、女性を見かけます。
女性のクロスバイクで走っている姿もカッコイイですね。
もともと自転車に興味もなかった私ですが、クロスバイクって
カッコイイって思います
とは言え、サイクルウエアを着て走るような事はないので。
私自身、そういう興味はないのです。
いたって「普通の生活の一部にクロスバイクがある」と言う
スタンスなのです。
いわゆる街乗りですね。
なので、通勤、買い物、遊びに出掛ける時などの使用できる
クロスバイクを紹介したいのです。
そのため、細かい機能や性能云々ではなく、カッコよさで
勝負したいと思います。
よかったらお付き合いください。






今回おすすめするクロスバイクは以下に絞ります。
今後の記事も以下に絞ります。
理由は、私が個人的に欲しくて「いいなぁ」って思ったから
です。
そのためにおすすめするのです。

・GIANT(ジャイアント)
・Bianchi(ビアンキ)
・LOUIS GARNEAU(ルイガノ)
・GIOS(ジオス)
・あさひ(ASAHI)

■GIANT(ジャイアント)

ジャイアント・マニュファクチャリングは、1972年に台湾で
設立された自転車製造メーカーです。
(英語名:Giant Manufacturing、台湾語名:捷安特)
言わずと知れた有名メーカーで、ESCAPEシリーズは超人気
定番モデルです。
ロードバイクで初めての1台として選ぶなら第一候補の1つに
入れても良いでしょう。

これです、これ。
Giant_2015.jpg

カッコイイですね。やはり色は白が良いです。
価格も税抜きで52,000円ですよ!
初心者って言うか、ずーっと乗ってられますよ。
サイズは、370(XXS)、430(XS)、465(S)、500(M)です。

重さは、500mmサイズで10.2kgととても軽量です。

ちなみに購入は、北は東北、南は九州のジャイアントストアで。

■Bianchi(ビアンキ)

ビアンキは、イタリアの自転車ブランドです。
現在の自転車(セーフティ型)が発明された年に自転車メーカー
として創業しており、現存する中では世界最古の自転車ブランド
だそうです。
ロードバイク、マウンテンバイク、クロスバイクといったさまざまな
種類の自転車を販売していまして、2005年は会社設立120周年です。

今回おすすめするのが、Romaシリーズです。
Camaleonteシリーズと同様、フラットバーでありながらロードバイク
のように軽快に走るためのシリーズです。
GIANT(ジャイアント)よりは、ちょっとお高いので、これで
どうでしょう。
Bianchi_2015.jpg

白もよかったのですが、GIANT(ジャイアント)とかぶるので、
敢えてこの色です。
CELESTE(チェレステ)と言い、イタリア語で空色(そらいろ)。
価格は税抜きで74,000円です。
サイズも430、460、500、540、570と5種類あり、細かく選べますね。
重さは11.4kgです。
街乗りしたら目立ってカッコイイですよ。
こちらで安く手に入りますよ。
ビアンキ ローマ4 2016 Bianchi ROMA4 TourneyTX-800 8S...

ビアンキ ローマ4 2016 Bianchi ROMA4 TourneyTX-800 8S...
価格:67,929円(税込、送料込)

ビアンキ ローマ4 2016 Bianchi ROMA4 TourneyTX-800 8SP...

ビアンキ ローマ4 2016 Bianchi ROMA4 TourneyTX-800 8SP...
価格:67,929円(税込、送料込)

ビアンキ ローマ4 2016 Bianchi ROMA4 TourneyTX-800 8SP...

ビアンキ ローマ4 2016 Bianchi ROMA4 TourneyTX-800 8SP...
価格:67,929円(税込、送料込)

ビアンキ ローマ4 2016 Bianchi ROMA4 TourneyTX-800 8SP...

ビアンキ ローマ4 2016 Bianchi ROMA4 TourneyTX-800 8SP...
価格:67,929円(税込、送料込)



■LOUIS GARNEAU(ルイガノ)

ルイガノ(Louis Garneau)はカナダに拠点を置くスポーツ用品
メーカーで、特に自転車用品の品揃えが充実していることで
知られているそうで、自社ブランドのスポーツ自転車も販売して
います。
創業者であるルイ・ガノーはカナダ勲章やケベック勲章などを
授与されている著名人なんだそうです。
カラーのバリエーションが豊富で値段も比較的安めです。
ルイガノ_2015.jpg

サイズは、370mm(145~160㎝)、420mm(155~170㎝)、
470mm(165~180㎝)、520mm(175~190㎝)とビアンキ同様豊富です。
これなら女性にも安心です。
価格は税抜きで58,000円です。
重さは11.97kgで、タイヤサイズが700X32Cと通常よりワンサイズ
太めですので、走行性とクッション性のバランスに優れています。
路面からのショックを吸収しながら歩道の段差などもストレスなく
走り抜けることができるでしょう。
スピード重視ではなく、お洒落に、そして快適に乗るには抜群の
パフォーマンスです。
さすがに人気で品薄です。
サイズが限られていますが、こちらでどうぞ。
LOUIS GARNEAU(ルイガノ)■15 LGS-CHASSE★15 LGS-CHASSE...

LOUIS GARNEAU(ルイガノ)■15 LGS-CHASSE★15 LGS-CHASSE...
価格:52,552円(税込、送料別)

LOUISGARNEAU ルイガノ LGS-C...

LOUISGARNEAU ルイガノ LGS-C...
価格:55,637円(税込、送料別)



■GIOS(ジオス)

ジオスは、イタリアの自転車メーカーです。
1948年設立で本拠地はイタリアのトリノで、イタリア語的に
発音すると「ジョス」になります。
創業者のトルミーノ・ジオスは元ロードレース (自転車競技)の
選手で、ベルリン五輪イタリア代表に選ばれるほどの名手だった
そうです。
同社のエンブレム(ヘッドマーク)に五輪があしらわれているのも
そのためです。
GIOS(ジオス)と言えば、カラーは「GIOS BLUE」です。
GIOS_2015.jpg

やはり「GIOS BLUE」はカッコイイ。
MISTRAL(ミストラル)というモデルです。
価格が54,000円と安いのです。
2015年モデルであれば、楽天なのでもっと安く手に入ります。
サイズは、400、430、480、520mmになっています。
重さが11.0kgです。
シンプルで男性向きですね。
こちらで安く手に入ります。


■あさひ(ASAHI)

株式会社あさひは、「サイクルベースあさひ」の名称で
自転車専門店を展開する小売業者です。
現在は、北海道、東北地方、関東圏・関西圏・中部圏、中四国地方、
九州地方にも店舗を展開をしています。
今回はこのブルーをおすすめしてみます。
Asahi.jpg

「GIOS BLUE」と違って、やわらかなブルーですね。
これもなかなかお洒落かも。
あさひオリジナルなので、価格も税込42,980円とお安いです。
しかし、お安いと言っても自転車専門店ですから、アフターなども
万全ですし、安心して購入できると思いますよ。
適応身長の目安ですが、
~170cm(420mm)
~175cm(460mm)
~188cm(500mm)
重さは500mmで12.0kgあるので、やや重めですね。


以上ですが、どうでしょうか?
初心者と言うよりは、カッコよく街乗りするのであれば、
今回ご紹介したクロスバイクは最高です!






検討してみてください。

- | 次の3件

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。